【金沢観光】雨の日でも大丈夫な屋内観光スポットはここ!

金沢市のある石川県は、年間降水量が全国で4番目に多いとても雨量が多い都道府県の一つです。

せっかく金沢に来たのに雨が降っていると、金沢観光の楽しさも半減してしまいますよね。

この記事では、「雨の日でも楽しめる金沢の観光スポット」を紹介致します。

雨が多い金沢で、雨の日の金沢観光の参考にして頂ければと思います。

金沢21世紀美術館

21seiki

写真提供:金沢市

金沢21世紀美術館の情報はこちら

「金沢21世紀美術館」定番の見どころの紹介

雨が降っていても屋内なら何も気にすることはありませんよね。

金沢21世紀美術館に展示してある作品は屋内のものがほとんどですので、雨を気にせずに楽しむことができます。

駐車場も建物の地下にあるため、一切雨に濡れることなく入場することができますので、雨の日の金沢観光にはうってつけの観光スポットですね。

※金沢21世紀美術館の代名詞とも言える「レアンドロのプール」は屋外展示品ですので、外側から近くで見ることはできませんが、プールの中に入ることはできます。

近江町市場

omicyouichiba5

写真提供:金沢市

近江町市場の情報はこちら

雨の日でも近江町市場はもちろん休まずに営業しています。

近江町市場は屋根があるため雨の日でも気にすることなく、お買い物を楽しむができます。

金沢観光では絶対に外せない観光スポットなので、是非足を運んでみて下さい。

「のどぐろ」や「加能カニ」など、金沢の美味しいものがたくさんありますよ。

金沢百番街

anto

写真提供:金沢市

金沢百番街ホームページ

金沢駅の見所はこちら

金沢百番街は金沢駅にあるショッピングモールです。

金沢百番街は「あんと」「Rinto」「くつろぎ館」の3つのエリアに別れています。

「あんと」は食事やお土産を楽しむことができるエリア、「Rinto」はファッションや雑貨、カフェなど多彩なショップが立ち並ぶエリア「くつろぎ館」はコンビニやクリニック、ホテルなどのエリアとなっています。

長町武家屋敷跡

nomurake

写真提供:金沢市

長町武家屋敷跡の見所情報はこちら

まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような古い街並みが残る長町武家屋敷跡。

街並みを散策する際は雨に濡れてしまうので傘などの雨具が必要ですが、武家屋敷内や資料館を見学するのなら雨に濡れる心配はありません。

長町から片町は徒歩圏内なので、午後から夕方前に観光してから片町で食事をするのがいいかもしれませんね^^

妙立寺(忍者寺)

ninjadera

妙立寺の情報はこちら

からくり屋敷さながらの数々の仕掛けで、忍者寺の異名をとる妙立寺。

見学する場所のメインは屋内なので、雨の日でも十分に楽しむことができます。

石川県立歴史博物館

rekishihakubutukan

出典:http://www.city.kanazawa.ishikawa.jp

金沢歴史博物館ホームページ

重厚で迫力ある赤煉瓦建物が印象的な「金沢歴史博物館」。

それもそのはず。この建物は元々「陸軍兵器庫」として使用されていたもので、それを当時の外観を忠実に復元し、金沢の歴史と文化を展示する博物館として利用されているのです。

金沢能楽美術館

nogakubijyutukan

写真提供:金沢市

金沢能楽美術館ホームページ

金沢市の伝統芸能「加賀宝生」などの能楽に関する美術品を展示している美術館。

「加賀宝生」は金沢の無形文化財に指定されており、貴重な美術品と能楽に関する歴史を楽しむことができます。

金沢ふるさと偉人館

ijinkan

写真提供:金沢市

金沢ふるさと偉人館ホームページ

国内外で素晴らしい業績を残した「金沢の偉人」に関する資料や作品を展示している博物館です。

まとめ

いかがでしたか?

石川県はとても雨が多い地域なので、観光の際は傘を忘れずに持ち歩く事をお勧めします。


PAGE TOP