金沢駅は世界で最も美しい駅にも選ばれた「日本代表の駅!」

アメリカの旅行雑誌「Travel +Leisure」(トラベルアンドレジャー)のweb版で、世界で最も美しい駅(World’s Most Beautiful Train Stations)に金沢駅が選ばれました。この企画は世界中の美しい駅を選出するもので、全世界で14駅が選ばれており日本では唯一金沢駅が選ばれたのです。

http://www.travelandleisure.com/

【金沢駅】世界で最も美しい駅

金沢駅が世界で最も美しい駅に選ばれた所以は、やはり金沢駅東口に威風堂々とそびえ立つ「鼓門」の迫力や芸術性、駅から鼓門にかけて連なるガラス張りのドーム「もてなしドーム」のデザインや魅力によるものでしょう。

駅自体が観光スポット

北陸新幹線開通の影響で連日多くの観光客が訪れる、今大注目の観光地『金沢』。そんな金沢の観光スポットと言えば、「兼六園」や「金沢21世紀美術館」などが有名ですが、実は金沢観光のスタート地点である「金沢駅」自体も立派な観光スポットになっています。

観光スポットとしての見所は、金沢駅兼六園口にある「鼓門」「もてなしドーム」です。私は仕事やプライベートで金沢駅兼六園口の前をよく通るのですが、その度に観光客の方が記念撮影をしている姿を見かけます。

金沢観光に訪れた際は、スタート地点の金沢駅を最初の観光スポットとしてみてはいかがでしょうか?金沢駅構内や近くのショッピングモールで、ショッピングや食事を楽しむこともできますよ。

金沢駅で押さえておきたいポイント

金沢駅観光で押さえておきたいポイントや、記念撮影ポイントを紹介致します。

鼓門(つづみもん)

kanazawaeki2

 

写真提供:金沢市

鼓門は金沢駅兼六園口を出たところの東広場にずっしりと構えています。鼓門のデザインは伝統芸能に使われる鼓をイメージしており、その芸術性と美しさは思わず見惚れてしまうほど。

螺旋状に斜めに組み上げられた柱と緩い曲線を描く格子状の屋根は、風格と繊細さを兼ね備えており、まさに超巨大な芸術品です。

鼓門を背景に記念撮影を忘れずに!!

kanazawastation

ライトアップされた金沢駅のシンボル「鼓門」。夜の鼓門は昼間とはまた違った、豪華絢爛な雰囲気が味わえますね。

tudumi

鼓門がイメージする「鼓」。柱の部分が鼓の形にそっくりです。

もてなしドーム

kanazawaeki3

写真提供:金沢市

鼓門から駅構内にかけてアーチ状に繋がる、ガラス張りのドームが『もてなしドーム』です。

もてなしドームは「駅を降りた人に傘を差し出す、もてなしの心」を表現したドームです。金沢は雨や雪が多い地域なので、駅を出た人が濡れてしまわないように配慮されているのです。ただの雨除けならば屋根を付ければいいだけの気もしますが、もてなしドームは3019枚ものガラスを使用して「明るく、雨にも濡れない広場」を作り出しているのです。

kanazawaeki4

 

出典:http://www.machi-ga.com/

金沢駅から兼六園口を出て目が行くのが、巨大なドームの天井です。これらは3019枚の強化ガラスと6000本のアルミフレームからなっており、太陽の光を取り込みドーム内を明るく照らします。「駅を降りた人に傘を差し出す、もてなしの心」をイメージしたもてなしドームですが、傘と言うよりは、まるで超巨大なオブジェです。

kanazawaeki5

出典:https://pbs.twimg.com/

ライトアップされた「もてなしドーム」はとても幻想的でとても素敵です。

kanazawaeki6

出典:http://blog.goo.ne.jp/yamaakmyk/

ライトアップされた「鼓門&もてなしドーム」は、思わず見惚れてしまうほどの美しさです。世界で最も美しい駅に選ばれたことも納得できますね。

噴水時計

398525153b93bd82e669fd9891d447b9_s

金沢駅兼六園口を出て鼓門を超えた道路沿いにある『噴水時計』。この噴水時計は、無数の小さな噴水で文字を表示します。普段は時刻を表示していますが、ランダムで画像のような「WELCOME」や「KANAZAWA」「いいね金沢」「ようこそ金沢へ」などの文字が表示されます。

こちらも人気の記念撮影ポイントです。噴水の前でパシャりと記念撮影を!

kanazawaeki7

出典:https://irs2.4sqi.net/

夜はライトアップされて綺麗です。

まとめ

金沢駅の見所の紹介でした。北陸新幹線で金沢に降りたらまず、もてなしドームを抜けて鼓門と噴水時計を見学してみてはいかがでしょうか?きっと「世界で最も美しい駅」の美しさを味わうことができるでしょう。


PAGE TOP