【金沢観光】長町武家屋敷跡の見所8選〜野村家の屋敷跡は見もの!

金沢の人気観光スポットの一つ『長町武家屋敷』の見所と情報を紹介します。

長町武家屋敷跡は、加賀藩士の暮らしぶりを垣間見ることができる、金沢の代表的な観光スポットです。

長町武家屋敷跡ってどんなところ?

長町武家屋敷跡は、江戸時代に加賀藩の中級武士が住んでいた場所です。

木羽葺き屋根や土塀、石畳の道路が続く、江戸時代のが今でも残っているような雰囲気を味わうことができます。

長町武家屋敷跡の見所

長町武家屋敷の見所は、まるで江戸時代にタイムスリップしたような街並みです。その街並みの中でも、特に押さえておきたい見所を紹介します。

武家屋敷跡 野村家(ぶけやしきあと のむらけ)

nomurake

出典:http://www.nomurake.com/

加賀藩の重役を歴任した野村家の屋敷跡です。現在の建物は加賀藩の豪商の屋敷を一部移築したもので、曲水や古木、灯篭などを配した庭園は当時のまま残されています。

武家屋敷跡 野村家
営業時間 8:30〜17:30(4月から9月)
8:30〜16:30(10月から3月
定休日 12月26日・12月27日
料金 大人 550円
高校生 400円
小中生 250円
※団体割引 50円引き(20名以上)
抹茶料 300円
住所 〒920-0865
石川県金沢市長町1丁目3−32
TEL 076-221-3553
ホームページ 武家屋敷跡野村家

 旧加賀藩士高田家跡(きゅうかがはんしたかだけあと)

takedake3

写真提供:金沢市

中級武士・高田家の屋敷跡です。一般公開しており、無料で見学することができます。見所は、長屋門や仲間部屋、馬小屋、池泉回遊式庭園で、中でも池泉回遊式庭園はとても見応えがあり、当時の暮らしぶりが伝わってきます。

 旧加賀藩士高田家跡
営業時間 9:30〜17:00
定休日 無休
料金 無料
住所 〒920-0865
石川県金沢市長町2丁目6−1
TEL 076-220-2194
ホームページ 旧加賀藩士高田家跡

金沢市足軽資料館(かなざわしあしがるしりょうかん)

asigaru

金沢市足軽資料館は、足軽だった高西家と清水家の二軒の屋敷を移築して復元したものです。屋敷の内部や、足軽の生活に使用されていた日用品などを見学することができます。また、足軽の職務について解説もしています。

金沢市足軽資料館
営業時間 9:30〜17:00
定休日 無休(催物入替日を除く)
料金 無料
住所 〒920-0865
石川県金沢市長町2丁目6−1
TEL 076-263-3640
ホームページ 金沢市足軽資料館

金沢市老舗記念館(かなざわししにせきねんかん)

shinisekinennkann

写真提供:金沢市

金沢市老舗記念館は、藩政時代からの薬種商であった中屋薬舗の建物を復元して、伝統的町民文化の展示施設として開館したものです。当時の店の様子を再現しており、薬の製造や販売に使われていた道具や資料を展示しています。

金沢市老舗記念館
営業時間 9:30〜17:00(入館は16:30まで)
定休日 無休
料金 一般 100円
高校生以下 無料
住所 〒920-0865
石川県金沢市長町2丁目2−45
TEL 076-220-2524
ホームページ 金沢市老舗記念館

新家邸長屋門(あらいえていながやもん)

nagayamon

出典:http://www4.city.kanazawa.lg.jp/

長屋門とは両側が長屋になっている門の事で、上級武士や大名の住宅の表門の形式として広く利用されていました。

新家邸長屋門は、長町武家屋敷に残る金沢の代表的な長屋門で、藩政期には桑島氏が居住していました。門の横にある武者窓が言葉では言い表せない存在感を漂わせており、当時の時代背景を想像させる造りとなっています。

ごっぽ石

goppo

出典:http://www.kanazawabiyori.com/editors/2014/04/26.html

長町武家屋敷を散策していると、道路の角や、家の前などに石が置かれているのを見かけます。

これは「ごっぽ石」と言って、下駄の歯に詰まった雪を落とすための石だそうです。雪が詰まったままの下駄で家に入ると 解けた雪で玄関が水浸しになってしまうので、それを防ぐために置かれていたそうです。雪国金沢らしい面白い発想ですね。

大野庄用水

oonosyouyousui

写真提供:金沢市

 

長町武家屋敷跡の土塀沿いを流れている用水が「大野庄用水」です。長町武家屋敷周辺の土塀沿いを流れ、その流れは今でも屋敷内庭園の曲水に利用されており、城下町金沢を象徴する風景となっています。

薦掛け(こもがけ)

komogake2

写真提供:金沢市

薦掛け(こもがけ)とは、藁を編んで作ったものを土塀に掛けて、雪から土塀を保護するためのものです。

薦掛けされた土塀が連なる、冬の長町武家屋敷の風景も城下町金沢を象徴する景色です。雪化粧された長町武家屋敷は、風情が溢れとても素晴らしいのでとてもオススメです!

まとめ

いかがでしたか?

長町武家屋敷跡には金沢の風情を感じることができるスポットがたくさんあります。金沢観光の際は是非、長町武家屋敷跡に立ち寄って江戸時代の雰囲気を感じてみてはいかがでしょうか?

個人的にはとてもオススメの金沢の観光スポットですよ!


PAGE TOP