金沢21世紀美術館の定番の見所をご紹介!

連日多くの観光客が訪れる、金沢の大人気観光スポットである金沢21世紀美術館。「まるびぃ」の愛称で地元金沢市民から親しまれ、今金沢で最も注目されている観光スポットでもあります。

この記事では、金沢21世紀美術館の恒久展示作品を管理人の主観とともに紹介していきたいと思います。

恒久展示作品とは・・金沢21世紀美術館は「交流ゾーン」と「展覧会ゾーン」の二つに分けられます。交流ゾーン(建物の中)への入場は無料で一部の展示品を見ることができます。展覧会ゾーンは、その時によって違う展覧会が催されており入場には料金がかかります。この内の、交流ゾーンや屋外に常に展示されている作品のことを恒久展示作品と言います。恒久展示作品は基本的に無料で見ることができますが、一部有料のものもあります。




金沢21世紀美術館の定番の見所(屋内の作品)

まずは屋内(建物内)にある作品からご覧下さい。

スイミングプール(レアンドロのプール)

011

写真提供:金沢市

 

金沢21世紀美術館といえば、このプールを思い浮かべる方も多い筈です。金沢21世紀美術館で最も有名な作品です。

よくレアンドロのプールと呼ばれていますが、正式な作品名は、『スイミングプール』です。「レアンドロ・エルリッヒ」という方の作品であることからレアンドロのプールと呼ばれている様です。

とても不思議な光景ですね。プールの中に人がいて、服を着たままカメラを構えたりもしていますが、濡れてしまわないのでしょうか?

実は水面のすぐ下がガラス張りになっており、中はご覧の通り空洞になっています。

pool

写真提供:金沢市

外から眺めても中から見上げても、とても不思議な感覚を味わえます。大人も子供も楽しめること間違いないでしょう。特に晴れた日に見るのがおすすめです。

スイミングプール外は無料ですが、スイミングプールの中に入るには入場料が必要です。

 

ブルー・プラネット・スカイ(タレルの部屋)

IMG_0507

『ブループラネットスカイ(タレルの部屋)』は、光の芸術家ジェームズ・タレルによる「知覚体験に働きかける作品」です。天井には正方形に大きく切り取られたような空間があり、その空間から差し込む光を感じることにより、普段とは違った不思議な感覚を楽しむことができます。

 

IMG_0509

 

生憎私は、雨の日か夕暮れ時にしか『タレルの部屋』を訪れたことがないので、光を感じることができていません・・ですが、ベンチに座りぼんやり空を見上げていると、とても落ち着くことができる静かで素敵な場所だと思います。考え事をしたり、気持ちを落ち着かせてリフレッシュするには最高の場所だと思いますよ。

タレルの部屋は交流ゾーンにあるので無料で入ることができます。

あなたは自分を再生する

まずは上の動画をご覧下さい。オブジェから流れる映像とメッセージが神秘的で、なんとも不思議な感覚に陥ってしまい思わず見惚れてしまいますよね。

実はこの作品は・・なんとトイレの中にあります!

トイレの中にこんな素敵な作品があるなんて、驚きです。この作品の作者ピピロッティ・リストはトイレを神聖な場所と見立てて祭壇を設け、飲食物が体内で血液、涙、内臓組織へと変化する様を表現した映像と、排泄物に対しての感謝のメッセージが映し出されています。

『あなたは自分を再生する』は、金沢21世紀美術館内の男子トイレ1カ所と女子トイレ1カ所に設置されており、どちらも展覧会ゾーンにある為に有料となります。

L’Origine du monde(世界の起源)

21bi

傾斜しているコンクリートの壁面に大きな楕円形の黒い“モノ”が見える作品です。見れば見るほど、これが描かれたモノなのか穴が空いているのかが分からなくなる、とても不思議で興味深い作品です。

実はこれ、奥に向かって大きな穴が空いており、そこに青色の顔料で塗り潰されているそうです。私は、思いっきりガン見していましたが、最後まで描かれているのか穴なのか、分かりませんでした。見れば見るほど分からなくなりますよ(汗)

『L’Origine du monde』は展覧会ゾーンにあるので有料です。

金沢21世紀美術館の定番の見所(屋外の作品)

雲を測る男

20101103115224

出典:http://photozou.jp/photo/show/979083/55413592

21世紀美術館のちょうど真ん中の屋根の上に『雲を測る男』があります。

本作品は、映画「終身犯」の主人公の台詞「雲でも測って過ごすさ」に由来しているそうですが、雲を測るという発想力とスケールの大きさに驚きます。雲を測る男は金沢21世紀美術館のシンボルとして、今日も雲を測っています。

屋外にあるのでもちろん無料です。館内の交流ゾーンからも見ることができます。

ラッピング

21bi3

『ラッピング』は金沢21世紀美術館の周囲にある一風変わった形をしたオブジェのような作品。

中に入ることもできるので、子供でも楽しめる作品となっています。『ラッピング』は金沢21世紀美術館本多通り口(東口)近くにあります。

アリーナのための クランクフェルト・ ナンバー3

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このラッパのような作品は、2個ずつペアでラッパ同士が繋がっています。どのラッパ同士が繋がってっているのか分からないので、家族や友人、子供も楽しめること間違い無いでしょう。

『アリーナのための クランクフェルト・ ナンバー3』は金沢21世紀美術館敷地内の屋外各所にあります。

カラー・アクティヴィティ・ハウス

 

21bi5

『カラー・アクティヴィティ・ハウス』は、色の三原色(シアン・マゼンタ・イエロー)のガラスを使った作品です。視点を変えることにより様々な色彩を楽しむことができる作品となっています。

IMG_0513

夜にはライトアップされて、幻想的でとても綺麗です。カップルのデートにはもってこいのスポットですよ。

最後に

金沢21世紀美術館の定番の見どころ紹介でした。

金沢21世紀美術館は、無料で入れる交流ゾーンだけでも十分に見応えがありますが、有料の展覧会ゾーンも一緒に見た方が絶対に楽しめます。展覧会ゾーンの作品は、その時の展覧会の内容によって変わりますが、有名人の展覧会なども頻繁に行われているので、とても見応えがあることに違いないでしょう。


PAGE TOP